Back to top
 Home 行政情報 ご意見箱 ファンページ ファンページ バイリンガルの語彙
キービジュアル 図
:::
  • Back
  • フォントサイズ大小: フォントサイズを拡大フォントサイズ中
  • シェアする: facebook
  • プリントフレンドリー プリントフレンドリー
阿里山郷巨榕古廟歩道スケジュールに追加
最終更新時間:2017-11-09発表機関:企画科
巨榕古廟歩道_タイトル写真
巨榕古廟歩道を下り終えるまでに多くの不思議な岩が見られ、最後は百年の歴史を持つガジュマルの木と土地神廟が待っています。前に廟、後ろに木の組み合わせが、豊山現地で最も不思議な信仰となっています。古い廟の建築構造は、わずか7枚の石板からなり、正方形の小さな廟は、この村で初めて村人が建てたものだそうです。実際の年代は不明ですが、まだらの歳月の痕跡と、くまなく生した苔から見て、かなり昔のものであることが分かります。
巨榕古廟の由来について、昔の人々は、新しい開墾の地に来ると、まず天地に敬意を示す儀式を行い、後の平安と無事を祈ります。土地神はその土地の万物を司る神であり、田植えや収穫、全てを土地神に祈り、豊作を願ったため、廟が建立されました。
  • 巨榕古廟歩道-関連画像
  • 巨榕古廟歩道-関連画像
  • 巨榕古廟歩道-関連画像
巨榕古廟歩道 ‧ 5Km周辺の宿泊
back
  • 阿古の亜刺し縫いする人民は泊まります
    阿古の亜刺し縫いする人民は泊まります
    距離:4Km
  • 距離:5Km
  • 蘭后民宿
    蘭后民宿
    距離:5Km
next
PreviousNext
:::
嘉義を探索 行政情報
文化観光資源
認識する嘉義県 大埔郷 溪口郷 鹿草郷
阿里山郷 中埔郷 新港郷 東石郷
梅山郷 大林鎮 太保市 布袋鎮
竹崎郷 民雄郷 六腳郷 義竹郷
番路郷 水上郷 朴子市