嘉義県/番路郷
番路郷 地図表示昔、番郷と呼ばれる番路郷は、ツッオ族が諸羅城から各部落に行く必要な道路に通る町で、ツッオ族が嘉義に行って貨物交換に行く必ず通る道です。あの番仔路は現在の県道159号で、昔は族人が獲物を運んで下山し、漢人を貿易を行う古道で、今なら両面通行、アスファルトに敷く道路になります。道の両側に、満山の柿の森が遍布し、秋になると山全体に染められ、産量は全台の一に占めます。郷民が自己開発した柿餅の作り方によって、番路郷が赤く柿の故郷となります。

面白いことに、今、阿里山に入る主要道路ー台18号線阿里山公路は、県道159と同様に大幅に番路郷境内に通る道路で、西から東ヘ、細長い壺の頸のような草原をすり抜けて、触口と言う山林の交差地区を通ると、目の前に広がる一面な空間に、心も広げます。更に前に進んで石卓を経過して隣の阿里山郷に入ると、原住民のツッオ族の生活スタイルがあらわれます。その場所に着く前なら、途中は殆ど阿里山が開拓しに来る漢人がひらがるお茶田んぼ景色で、その阿里山茶の名前も広がり有名となっております。

番路郷の発展にもこの二つの番路のように、時間とともに変化しています。開通したばかりのごろには、たくさんのお茶農民が入り込みます。一時のブームが冷めると、胡蝶蘭栽培等の精細農業に転型していきます。標高1200メートルの日当たる斜面では、温度差が大きい、湿気が高い、日当たりがよい絶好な気候環境で、胡蝶蘭の催花センターになり、赤青黄色に、番路の第二の春が訪れてくる。

 番路鄉公所
地址: 〒60241 嘉義県番路郷下坑村菜公店101号 | 電話: 886-5-2591951 
網站: http://www.fanlu.gov.tw/