嘉義県/大林鎮
大林鎮 地図表示大林はもともと森林であったのに、その前身は「大埔林」と呼んでいた。例え、中林、頂員林、林頭、林仔前、林頭仔の幾つかの地名から見れば、想像的にそんな難しくないのである。ところで、清朝康熙年間から初め来たの先民達はこの豊かな土地を発見したから、徐々にこのにぎやかな町や村を形成し、共に近付くの部落のトレーディングセンターとし、「大埔林街」とも呼ばれる。

日治時期から大林鎮の發展はすでに大林製糖工場(當時の名前は“新高製糖株式會社”嘉義工場(1913))と密接に繋がている。大林鎮は一番輝くの時期は終戰後の初期ではあり、この御蔭で、地元の産業経済は大幅に増え、繁栄の程度が素晴らしな一言である。だが、代わりに台湾製糖の産業経済面も近付くの間に農業生物技術センターになって行くので、民間と一緒にランのR&Dのことを進んでいる。今の大林はランの栽培はすでに二十年以上の歴史があり、面積としては全国一番だけではなくて、世界中にも評判良いことである。

近年以来は大林でも仏教のことは極めて縁があるので、例えば皆が良く知っているの“畑の真ん中の大病院”は仏教慈済総合病院である。この病院はすでに外の人々からただの第一印象だけではなくて、医療資源の品質もすばやくなことで、更に雲嘉地域に対し、もっと豊かなの医療があって、地元の人々に昔よりももっと便利なことになっている。また郷内の南華大学は星雲法師は1996年に“百万人興学”の活動によって、約3年間で集中に寄付してこの学校をやっと完成することが出来た。つい“十年の林を栽培し、百年の人材に育つ”ことに伝われて来た。