嘉義県/太保市
太保市 地図表示太保市ガイランド
    太保は清朝の伝説的人物王得祿将軍の故郷であり、当時彼は清朝政府に平定する林爽文事件により、亡くなた後で朝廷から彼に“太子太保”の官職であった。地元の人々は彼のことを記念するために、つい元の地名「溝尾」は「太保」に変わた。そういうわけで、沢山な歴史的な建築物を保って来て、中には王得祿さんの提督府とその北側の王氏家廟である。提督府の中には、部分的の古物が保ってあり、またその後継ぎにより、その祠堂またやり直した後で、そして彼の歴代先祖の位牌、まだ生きている時の文物及び皇室聖旨等がこの世に参り彼らの祖先の霊を祀る一連の行事が出来る。
只今の太保市は嘉義県政府の所在地であり、十の高速鉄道駅の一つである。

位置としては嘉南平野の農業水利施設区であり、地勢が平いて、ほとんどの地元方は主に農業で、その中には水稻、メロン、トウモロコシ、トマトなどが栽培である。特に、メロンとトウモロコシは太保の農産物として一番である。位置としてはちょうど真ん中にあるの太保市は一体どういうの形に話せるのは良いか、ただの簡単な農村生活で毎日のんびりして過ごしている風に、たまたまには年寄りの方はすでにあまり歌わないの民謡が子守唄ように。

太保巿役所
所在地 :〒61204嘉義県太保市太保里66号
電話番号:(05)3711106~8
http://taibao.cyhg.gov.tw/newweb/index.htm