Back to top
 Home 行政情報 ご意見箱 ファンページ ファンページ バイリンガルの語彙
キービジュアル 図
:::
:::
嘉義県には山もあり、海もあり、台湾すべて県市の中で、唯一三大国家景勝地を持っている県であります。それは:
阿里山国家景勝地シラア国家景勝地雲嘉南濱海国家景勝地、山色、湖光、海の景色など異なった雄大な美景を囲まれています。

 Alishan town is the hometown of Tzou tribe 東へ行き鄒族の原郷の阿里山が見えて、そのすぐ隣には台湾最高峰の玉山山脈であります。人々に賛嘆させる日の出の雲海、聳え立つの神木、色鮮やかで綺麗な桜、世界有名な森林鉄道、密かに隠れている森林古道、渓谷の滝、また原住民の鄒族に魅せられた山林文化、祖霊の伝説などなど、この「高山青、澗水藍」の阿里山に、さらに味深い魅力を加わられています。 近年来、嘉義県政府が主催した「日の出印象」、「生命豆季」などのイベントのおかげで、さらにこの阿里山の観光資源に人的元素を加え、斬新的な体験を作り上げたのです。

西へ行き 布袋、東石漁港の牡蠣棚、塩田などの情景が見えます。布袋沿海にある好美里のマングローブ保育区には、カンデリア・カンデル、ヒルギダマシなどの植物があり、そこにもいろんなトキ科の鳥が飛び回っているのです。また潮が引く時、シオマネキカニ、トビハゼなどにも会えるのでしょう。このような豊富な生態環境や青い海域が嘉義沿海の風景に独特な色に染められています。

北緯の23.5度 北回帰線が横切られて、嘉義は独特な地理的特色を持っています。夏至に行う北回太八館の「端午の卵立たせ」、「竿を立っても影は見えない」のイベントで、いつも家族連れで大好評になっています。この数年の建国記念花火大会、国家提灯祭りなども嘉義県に移動して行い、嘉義県にきらきら光っている新しい印象がもたらせたのです。

故宮南院 更に2015年に落成予定する故宮南院は、「亜州芸術文化園区」で知性とレジャーの特色を兼備するポジションを付けられ、また周辺のソフトとハードウエアの発展を動かし、高速鉄道の開通も含め、よりたくさんの国内外の観光客が訪ねられ、ここを中南部新興文化の観光拠点になると目指しています。故宮南院には故宮の宝を多く展示し、アジアでは一番に指折る博物館になり、ここ嘉義県は世界と繋がる道として発展していきたいと考えられます。
National Palace Museum 嘉義県内に百年立つ寺院古跡はいっぱいで、主祭の神仏さまの誕生日にいつも地方が楽しく盛大にお祝い祭事が行っています。媽祖巡行から、水に跳んで客王を迎える祭事などの宗教イベントは、地元の人だけではなく、いつも全国各地から巡礼する人々が駆けつけてくるのです。

また、民雄のガチョウ肉、布袋の海鮮、東石の牡蠣、新港飴、鴨肉のとろみスープなどなど百年の老舗伝統料理は、異郷の旅人に懐かしくさせて、観光客に親指を立つぐらい褒めさせるのです。 これらのすばらしさと豊かさは、全部嘉義にあります。この数年以来、もっと嘉義のすばらしさをよりたくさんの人々に知らされるため、当地の文化特産などの特色と繋げて、各種の祭りイベントや催しを開いており、また地方の美景と人文集落を結ぶパッケージツアーも用意しています。 この山有り水有りの嘉義に訪ねに来て、あなたの体も心も満ちられるのでしょう。
:::
嘉義を探索 行政情報
文化観光資源
認識する嘉義県 大埔郷 溪口郷 鹿草郷
阿里山郷 中埔郷 新港郷 東石郷
梅山郷 大林鎮 太保市 布袋鎮
竹崎郷 民雄郷 六腳郷 義竹郷
番路郷 水上郷 朴子市